« 5月~のイベントスケジュール | トップページ | ももちゃんセミナー”コミュニケーショのセルフコーチング” »

2016年4月28日 (木)

薫さんツアー 信州”順風満帆”ツアー

清水薫さんと行く

 信州”順風満帆”ツアー


12993459_874416952670490_1640714761

6月末にアメリカ・NYに移住する薫さん
日本にいる薫さんと最後のツアーは、
”真田丸”でもブームの信州・上田!
上田は日本の真ん中に位置する日本の要♪
こちらを押さえての海外への旅立ち♪とは、さすが
薫さんです!!

みなさん、是非ご一緒しましょう~!!



薫さんブログよりのご案内です♪↓↓↓

テーマは「満ちる」

さまざまな追い風を帆いっぱいに受けてこれからの輝く人

生にぐんぐんと軽快に漕ぎ出すための初夏の信州で過ごす

2日間♪

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。†.:*・

゜☆.。†.:

本当は、今すでに私たちはすべてが満たされていることに

気づくことで
人生において“現状への不満”や“未来の不安”“過去へ

の後悔や罪悪感”などを手放し軽快になることができます

今回のツアーでは、もう不要となった何かを手放し
満ち足りていくためのワークや、自分の願いや希望を現実

にするためのセッションを通して、より本来の力を伸びや

かに発揮し、自分らしくステキに輝けるような時間に
していきたいと思っています。


日本の中央に位置する信州・上田の地を巡る旅で、長野の美味しいごはんをいただき、
厄除け観音として知られる別所温泉の「北向観音」にて護摩焚で、息災、(災いを除く)・増益(幸せを増やす)・降伏(悪を屈服させる)を祈願。

そして“日本の真ん中”にあるといわれる「生島足島神社」へ。

太古より日本国土の守護神「国土の大神」である
生島大神は「生命力を与える神」、足島大神は「満ち足らしめる神」と言われる場所にてパワーチャージを。

初夏の風と太陽、大地のエネルギーを体にたっぷりと浴びて、「満帆」に帆をいっぱいに張って、新たな船出。

そして次なる世界へ♪宇宙へ♪


☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。†.:

ご一緒する皆さんと素敵な時間を過ごすのも旅の醍醐味のひとつ♪

今回はどんなグループになるのかが、
ホントにホントに楽しみです.。*・.。ヽ(^▽^)人(^▽^)ノ。.・*。




Shimizu Koru Tour 信州”順風満帆”ツアーの詳細です♪

集合:6/11(土)11:00 JR上田駅
解散:6/12(日)16:30 JR上田駅

集合・解散に合わせての新幹線のおススメはこちらです↓
 各自でチケットご手配下さい

5/11 はくたか 557号 9:32 東京 → 10:53 上田
5/12 あさま 656号  16:57 上田 → 18:32 東京


<ツアースケジュール>

6/11
・上田駅集合
・信州名物 お蕎麦のランチ
・真田神社参拝
・上田城跡散策
・スウィーツ探索
・ローカル線で別所温泉へ
・別所温泉霊木五木めぐり
・温泉ま~ったり
・ツアーならではの薫さんセミナー&ワーク&過去世グループセッション

6/12(日)
・早朝元気な方は、北向観音の護摩体験や
  安楽寺で坐禅体験
・生島足島神社 参拝
 杉田廣貴さんの書の奉納 
・ランチは自家農園の無農薬野菜のフレンチ
  薫さんフェアウェルセミナー&過去世グループセッション
・最高のパワースポット、地元のスーパーでお買い物(笑)
・上田駅解散

参加費:49.800円
    地元の方で6/12のみのご参加の方は、13.000円
 

お泊りは、文人・墨客に愛された源泉かけ流しの老舗旅館 臨泉楼 柏屋別荘
お部屋は、離れのスィートルームを予約してあります♪
お泊りは限定12名様ですのでお早めにお申込み下さいませ♡

日本列島の中心で
この時期にこのタイミングでのツアー
国土の守り神、生命力を与える神、満ち足らしめる神
生島足島神社での
書の奉納を一緒に見守り祈りを届ける
熊本の復興、東日本の回復、日本列島の平安を
そして自分らしく生きる宣言をして進みましょう
日本の中心から世界へ♪宇宙へ♪




|

« 5月~のイベントスケジュール | トップページ | ももちゃんセミナー”コミュニケーショのセルフコーチング” »

ツアー」カテゴリの記事

清水薫さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薫さんツアー 信州”順風満帆”ツアー:

« 5月~のイベントスケジュール | トップページ | ももちゃんセミナー”コミュニケーショのセルフコーチング” »